食べるヨガ

葉酸

幸せな出産への「はじめの一歩」は、食生活から!「妊娠」を意識した時に、必ず出会う栄養成分があります。

妊娠力のためにも、赤ちゃんのためにも。

ある日突然、妊娠がわかったら。お母さんには大きな喜びと一緒に「赤ちゃんを守らなきゃ」という強い使命感が湧いてきて、それまではあまり健康的な生活を送っていなかった人でも、体に気を配った食生活を心がけるようになるでしょう。
まずは、大好きだったはずの(?)お酒やタバコを控え、脂っこい食事やファストフードをあまり口にしないようになり・・・、そして、インターネットやお母さん同士のクチコミなどで、母体に良い食べものを調べたりするのだと思いますが、そんなときに必ず出会う栄養成分があります。

緑黄色野菜などから摂取できる「葉酸」

それが、ビタミンB群のひとつである「葉酸」です。あまり聞き馴染みがないかもしれませんが、厚労省からも推奨されている重要な栄養素です。
「葉」という字がついている通りホウレンソウなどの緑黄色野菜や、豆類、レバーなどに多く含まれています。
また、葉酸は体内でつくることが出来ないため、これらの食べものから摂取する必要があります。
赤血球をつくる上で不可欠な成分のため、別名「血をつくるビタミン」とも呼ばれています。

胎児の異常を防ぐ葉酸は、妊婦の「マル必ビタミン」!

近年この「葉酸」が、胎児の神経管の先天性異常について防止効果があることが解明され、妊娠を考える女性には必須の栄養素として広く知られるようになりました。
また貧血や妊娠中毒症を改善する働きもあるとみられています。
特に妊娠初期や授乳期の女性に推奨されていますが、葉酸は水溶性ビタミンで、調理の過程で食材からどんどん流れ出てしまうため、私たちの日常生活のなかで葉酸の必要量を摂り続けるのはとても難しいのです。
例えば、ホウレンソウのおひたしを作ったとき、ホウレンソウに含まれる葉酸は元の状態から比べて半減してしまいます。
そのため、栄養バランスの良い食事を摂ったうえで、サプリメントで補うことをオススメします。
妊婦には欠かせないビタミン「葉酸」。
足りなくなってしまわないように、覚えておいてくださいね。

menicon

Copyrights(C) Menicon,All Rights Reserved.