lunarhythm ルナリズム

食べるヨガ 1日3粒「食べるヨガ」習慣

menicon

俵先生インタビュー2

ジネコが女性のカラダのプロフェッショナル、俵先生にインタビュー。第2弾です。

俵先生プロフィール

お話を伺った先生
俵 史子先生 医療法人社団 俵IVFクリニック理事長
浜松医科大学医学部卒業。総合病院勤務時代より不妊治療に携わり、2004年愛知県の竹内病院トヨタ不妊センター所長に就任。
2007年、静岡に俵IVFクリニックを開業。「納得・理解して進む治療」「オーダーメード治療」を特徴としている。
妊娠しやすい身体作りのための、生活習慣指導にも力を入れている。

キレイになりたいのに、カラダの中は60歳!?

ジネコ)後天的な生活習慣ですか?
俵先生)ストレスもそうですが、食生活の乱れによる痩せすぎ、太りすぎという部分の影響は少なくありません。
実際に、生理周期が乱れている人の中には数か月も来ないなんてケースもあって、それ自体が女性ホルモン出ていない状態ですので、タイミング指導以前の問題、皮膚とか脂質代謝にも影響しているといえますね。
キレイになろうとしているのに、体内は更年期老年期と似た状況です。女性ホルモンが出ていない状態が妊娠に良いと言えないのは分かりますよね?

毎月、生理痛がつらくて。。

ジネコ)そうですね。先生、生理痛に悩む女性が多いのも事実なんですが…
俵先生)医学的には月経困難症と言います。腹痛、腰痛、頭痛、骨盤全体の痛み、を伴い中には日常生活を過ごせない人もいます。
来ると思うだけで、精神的に辛いものです。
ジネコ)そういった方はどういった治療をしていますか?
俵先生)鎮痛剤や低用量ピルで月経を抑えるのが一般的です。痛みがある時だけでなく、ラクトフェリンの鎮痛鎮静効果に期待して普段から摂取することで、鎮痛剤の使用量が減らせるかもしれません。